INFORMATION

2019/08/30 [MOVIE] 映画『ソローキンの見た桜』情報

★新着★
■映画祭
第12回オレンブルク国際映画祭 受賞!
コンペティション部門において「観客グランプリ特別賞」を受賞!


■ロシアでの劇場公開決定!
斎藤工 出演映画『ソローキンの見た桜』が
10月1日(火)より、ロシア全土で公開されることが決定しました!

ロシアでの公開は近年の日本映画(アニメやホラー作品を除く)では、最大級の200スクリーン規模での公開となります。

-------------------------------------------------

■Blu-ray&DVD発売決定!
【発売日】2019年10月23日(水)

<Blu-ray>
【価格】4,800円+税  
【品番】ASBD-1230
【内容】本編BD(予告編、TVスポット含む)+特典DVD 2枚組
【特典DVD】
①特別番組「『ソローキンの見た桜』撮影記録 齊藤工のまなざし」
②「日露合作映画『ソローキンの見た桜』の作り方」
③齊藤工撮影による撮影現場フォトギャラリー
④舞台挨拶

<DVD>
【価格】3,800円+税 
【品番】ASBY-6155
【内容】本編DVD(予告編、TVスポット含む) 1枚組

※商品仕様は、予告なく変更する場合がございます。ご了承下さい。
詳しくはAMUSE SOFT 公式サイトをご覧ください。

-------------------------------------------------

第1回放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマが実写化!
映画『ソローキンの見た桜』

日露戦争のさなか、愛媛県松山市に設置された捕虜収容所を舞台に、
日本人女性と捕虜のロシア軍少尉がはぐくんだ愛の物語を描く。

斎藤工はTVディレクター・倉田史郎役で出演します。


▽映画『ソローキンの見た桜』
https://sorokin-movie.com/
【原案】青山淳平「松山ロシア物語」
【原作】田中和彦「ソローキンの見た桜」
【監督】井上雅貴

【主演】阿部純子
【出演】ロデオン・ガルチェンコ、イッセー尾形、山本陽子、斎藤工(倉田史郎 役) 他(順不同)
※第41回モスクワ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門 出品


■ナビゲート番組
映画の監督でもある井上雅貴氏が特別制作!
番組用に特別に撮影されたナビゲートドラマや松山とロシアの知られざる交流の歴史、そして昨年、松山市・内子町で行われた映画ロケの裏側を盛り込んだ、映画「ソローキンの見た桜」のナビゲートTV番組が放送されました。
▽2019/3/15(金)19:00-19:56
RNB南海放送 「映画『ソローキンの見た桜』ナビゲート番組『松山ロシア兵・ノスタルジア』」
【監督】井上雅貴

■特別番組
斎藤工撮影・出演による特別番組「『ソローキンの見た桜』撮影記録」が放送されました。

斎藤工がサンクトペテルブルクでのロケ滞在中、自分のスマホで、 “初めて見る”ロシア、
そしてロシア人スタッフとともに作り上げたロケの裏側を記録し続けたドキュメンタリー番組。

▽『ソローキンの見た桜』撮影記録
「斎藤工のまなざし」
2019年3月23日(土)BS日テレにて16:30~17:00放送
【企画・撮影】斎藤工
【構成・演出】松江哲明
【出演】阿部純子、斎藤工

■映画祭情報
ロシアのオレンブルク国際映画祭2019で、オープニング作品、コ ンペティション作品として上映されました。

記事一覧へ